<< 恩師からの手紙 かわいすぎます >>
おくりびと
b0135560_18495730.jpg
今更ですが、3月1日映画の日におくりびとを観ました。



b0135560_18524999.jpg
9月公開後、行こう、行こうと思いながら、逃した映画。アカデミー効果、そして映画の日とあってものすごい人で完売でした。

私と母は事前にネットで予約していた為、850円のお寿司ランチ食べてのんびり行ったら、ものすごい行列!しかもネットでとった人は3階で交換。その後また降りてあの行列に加わるかと思ったらぞぞぞ~絶対間に合わない・・・・二人の取った行動は、「10階まで階段で上る!」山登りのトレーニング!なんていいながら私はトイレに行きたいから急いで上へ。母はゆっくり上っていたら若いカップルに「おばちゃん、大丈夫?手をつないで上がってあげようか?」と優しい言葉をかけてもらったそうな。母嬉

b0135560_18561492.jpg
さて、映画ですが素晴らしい内容でした。父が亡くなった時に「湯かん」をしてもらったのであの時の父を思い出しました。実は父は、お店でいつもきていた白衣と帽子をかぶせてもらいました。映画で着物を着せるシーンがありますが、父の白衣を着せるのは大変だっただろうな~と改めて思いましたが、あの時の手際よさは今でも覚えています。私達も父の体にお湯をかけましたが、不思議と死んだ人とは思えないほど綺麗でした。

笑って泣いて、心にじ~んと来る映画でした。旦那の仕事に嫌悪感を持っていた友人や妻が、段々と心が変わっていく様子が静かに描かれていました。焼却炉でスウィッチを押す方が【行ってらっしゃい】と送り出す姿が素晴らしかったです。「さようなら」ではなく、「いってらっしゃい」

そして、チェロの音色がたまらなく美しかったです。音を聴いただけで、じ~んと心に響きます。


今年に入って5本映画を観ました。2本邦画、3本洋画、私の中では邦画の勝利です。
[PR]
by tomate11 | 2009-03-13 19:04 | 映画
<< 恩師からの手紙 かわいすぎます >>