<< 似た景色 眼鏡 >>
映画3本
b0135560_2034367.jpg
映画の日やレディースデイを狙って今年に入って3本映画を観にいきました。





・私は貝になりたい
・チェ 28歳の革命
・チェ 39歳 別れの手紙

 チェ・ゲバラの学生時代の話「モーターサイクル・ダイアリーズ」では友人とバイクに乗って12,000キロの南米旅行へ出かけ、最下層の労働者やハンセン病患者らと出会いなど、途中巻き起こるさまざまな出来事を通して、南米社会の現実を知っていきます。

アルゼンチーナでありながらキューバ革命の指導者チェ・ゲバラ。ゲリラでありながら彼のもう一つの顔は、医者。負傷した兵はたとえ敵であろうと手当てをする、また絶対に民衆は巻き込まない彼の精神が素晴らしいと思いました。モーターサイクル~でも、隔離されていたハンセン病患者と触れ合う姿が描かれていました。

キューバ革命後、チェ・ゲバラは日本を訪れています。広島平和記念公園内の原爆死没者慰霊碑に献花し、原爆資料館と原爆病院を訪れたそうです。「何故日本人はアメリカに対して原爆投下の責任を問わないのか」と言ったそうです。

「人間を愛する才能」

チェ・ゲバラを知る多くの友人達が彼のことをこういったそうです。
[PR]
by tomate11 | 2009-02-09 20:57 | 映画
<< 似た景色 眼鏡 >>